出雲雁皮紙(板干し・長判/・小判・1枚)

人間国宝・安部榮四郎が研究に研究を重ねて、確立させた出雲民藝紙(いずもみんげいし)。

その出雲民藝紙(いずもみんげいし)の代名詞ともいえるのがこの出雲雁皮紙(いずもがんぴし)です。

雁皮は栽培が非常に困難なため、山野で自生しているものを採取しなくてはならないため、非常に希少価値が高い紙です。

日本最高級の紙といっても、過言ではないでしょう。

特徴は、独特の光沢のある紙面と、パリッとした紙腰にあります。

この気品高い雁皮紙(がんぴし)で手紙を書いてみたら、心のこもった文章が書けるかもしれませんね^^

当商品は、以下の方におススメいたします!

  • 気品ある紙をお探しの方
  • 最高級の紙をお探しの方
  • 手紙用の紙をお探しの方
  • 書道に適した紙をお探しの方

出雲雁皮紙(いずもがんぴし)(板干し・小判・1枚)
*板干しとは、木の板に紙を貼り付け、天日で乾燥する方法です。
素材: 雁皮(がんぴ) *島根県で自生している野生の雁皮(がんぴ)を使用しております。
価格: 2160円
サイズ: 53×38㎝

出雲雁皮紙(板干し・小判・1枚)をお求めの方はこちら!
他商品とあわせてのご購入をご希望の方はこちらよりお願いいたします。


出雲雁皮紙(いずもがんぴし)(板干し・長判・1枚)
*板干しとは、木の板に紙を貼り付け、天日で乾燥する方法です。
素材: 雁皮(がんぴ) *島根県で自生している野生の雁皮(がんぴ)を使用しております。
価格: 3780円
サイズ: 135×42㎝

出雲雁皮紙(板干し・長判・1枚)をお求めの方はこちら!
他商品とあわせてのご購入をご希望の方はこちらよりお願いいたします。


出雲雁皮紙(いずもがんぴし)(白)(板干し・小判・1枚)
素材: 雁皮(がんぴ)
価格: 2160円 サイズ: 53×38㎝
*板干しとは、木の板に紙を貼り付け、天日で乾燥する方法です。
*島根県で自生している野生の雁皮(がんぴ)を使用しております。
*当商品は漂白処理しています。

出雲雁皮紙(白)(板干し・小判・1枚)をお求めの方はこちら!
他商品とあわせてのご購入をご希望の方はこちらよりお願いいたします。


出雲雁皮紙(いずもがんぴし)(白)(板干し・長判・1枚)
素材: 雁皮(がんぴ)
価格: 3780円
サイズ: 135×42㎝
*板干しとは、木の板に紙を貼り付け、天日で乾燥する方法です。
*島根県で自生している野生の雁皮(がんぴ)を使用しております。
*当商品は漂白処理しております。

出雲雁皮紙(白)(板干し・長判・1枚)をお求めの方はこちら!
他商品とあわせてのご購入をご希望の方はこちらよりお願いいたします。

出雲和紙オリジナル商品の説明はこちら!

和心工房トップページはこちら!