和紙の活版名刺、工芸品販売(はがき・封筒・ちぎり絵・和帳など)

和紙の活版名刺、はがき・封筒・ちぎり絵・和帳などの工芸品を販売しております
オリジナル和紙商品

オリジナル和紙名刺
オリジナル和紙商品
和紙関連情報
和心工房について
Facebook page
     

FAQ(よくある質問と回答)

メインページ »» 和紙について

目次


このサイトの目的

当サイト和心工房は、八雲で古代から漉かれている出雲民藝紙の普及と販促を目的として運営しております。

ぜひとも和紙のもつ魅力と美しさを皆様に感じていただけたらと思います。


出雲民藝紙とはどんな紙ですか?

出雲民藝紙(いずもみんげいし)は、柳宗悦(やなぎむねよし)の指導の下、安部榮四郎(あべえいしろう)が創意工夫して生み出した和紙です。

出雲民藝紙(いずもみんげいし)の特徴を一言で言えば、「原料の持ち味を活かした紙である」ということです。

くわしくはこちらのページをご覧ください。


安部榮四郎氏について知りたいのですが。

安部榮四郎(あべえいしろう)(1902〜1984)は近代紙漉きの象徴とも言える人です。

明治35年に、八雲町の紙漉き屋に生まれ、昭和6年、民藝(みんげい)の創始者柳宗悦(やなぎむねよし)と出会い、出雲民藝紙(いずもみんげいし)を生み出しました。

また自らも民藝活動を行い、陶芸家のバーナード・リーチ、河井寛次郎、浜田庄司、版画家の棟方志功らとも親交を深めました。

安倍榮四郎の詳細については、こちらのページをご覧ください。


出雲民藝紙工房はどこにありますか?見学はできますか?

出雲民藝紙工房(いずもみんげいしこうぼう)は、島根県松江市八雲町東岩坂(ひがしいわさか)にあります。

事前に連絡していただければ、見学も可能です。

連絡先、および工房の詳細につきましては、こちらのページをご覧ください。


安部榮四郎記念館を見学したいのですが

安部榮四郎記念館(あべえいしろうきねんかん)は出雲民藝紙工房(いずもみんげいしこうぼう)のすぐ近くにあります。

人間国宝:安部榮四郎(あべえいしろう)が、和紙を育てて、後世に伝えようと設立したものです。

榮四郎の残した作品が多数展示されており、同氏の生涯を垣間見ることができます。

また、1階にあるお土産コーナーでは、出雲民藝紙(いずもみんげいし)のオリジナル商品を多数取り揃えております。

くわしくは、こちらのページをご覧ください。


安部榮四郎邸を見学したいのですが?

安部榮四郎邸(あべえいしろうてい)は、現在、孫である信一郎、紀正両氏の自宅となっているため、一般の方の見学はご遠慮させていただいております。

安部榮四郎(あべえいしろう)の研究資料や、民藝運動(みんげいうんどう)で同志らと交わした手紙など、所狭しと陳列されております。

見学は不可ですが、なかの様子はこちらよりご確認いただけますので、ご覧ください。




 
     
オリジナル和紙名刺

サイト内検索
pagetop